日焼け止めの効果的な塗り方とは?

NGな塗り方とは

日焼け止めを使う際にはNGな塗り方があるため気をつけましょう。まず乾燥している肌に塗るのはNGです。乾燥している状態で塗ってしまうと余計に肌が乾燥してしまいます。それによって、肌がダメージを受けてしまうため気をつけてください。

日焼け止めは薄くのばしてはいけません。ムラがないようにしながら、しっかりと塗るようにしてください。そうしないと効果をきちんと発揮することができません。ケチってしまうとあまり効果が出ないために紫外線の影響をしっかりと受けてしまうでしょう。紫外線を防ぐためには惜しみなく使うことが大切です。

1年前の日焼け止めを使用するのはやめてください。きちんと保管していないと、雑菌が繁殖している可能性があります。品質が悪くなっていると逆効果となってしまうため注意しましょう。

また、日焼け止めは直前に使用するのはやめましょう。日焼け止めが肌に馴染むためにはある程度の時間がかかってしまうのです。できれば外出をする20分から30分前に塗るようにしましょう。余裕を持って使用することが大切です。その際には塗り忘れてしまうことに注意しましょう。塗り忘れてしまった部分だけ日焼けしてしまうため、あとで不格好になってしまいます。