日焼け止めの効果的な塗り方とは?

正しい塗り方とは

日焼け止めは正しい塗り方をしないと効果が半減してしまいます。まず、日焼け止めを塗る前にしっかりと美容液や化粧水を使いましょう。肌の状態を整えておくことによって、日焼け止めが落ちにくくなるのです。実際に塗るときにはムラが生じないようにのばしていきましょう。リキッドタイプの場合には手のひらに少量をとってから、それを肌の上にムラなくのばしてください。また、擦り込まないようにしましょう。日焼け止めというのは肌に負担をかけるものです。丁寧に使用しましょう。顔の隅々までしっかりと塗るようにしてください。そして、一度塗ったあとには、再び丁寧に重ねづけしましょう。そうすることによって、しっかりと効果を発揮できるようになります。

日焼け止めを塗ったからといって、その日はずっと安心できるというわけではありません。2時間から3時間経過したならば、塗りなおしてください。水や汗などで簡単にとれてしまうからです。何度もつけなおした方が日焼け止めの効果は高まるでしょう。また、肌にも負担をかけないで済むのです。

上記の点に気をつけて日焼け止めを使用しましょう。そうすれば紫外線の影響を防ぐことができます。日焼け止めは正しく使いましょう。


● 日焼け止めに関してのお勧めサイト ●
肌に負担をかけたくない方は、「ホワイトヴェール」などに代表される飲む日焼け止めを使ってみるのも良いでしょう。効果や特徴などについては、こちらのサイトにて詳しく知ることができます > ホワイトヴェール